秋風邪の症状で熱、咳、鼻水、頭痛、腹痛などがある

秋風邪の症状で熱、咳、鼻水、頭痛、腹痛などがある

秋風邪の症状で熱、咳、鼻水、頭痛、腹痛などがある

秋風邪の症状で熱がでる場合には高熱になることは少ない
秋風邪は夏の疲れが出ておこる場合が多く見受けられます。従って、秋風邪の症状としては、なんとなく続く熱や咳、急に冷えたこんだとこを原因とする咳や鼻水が主な症状です。 従って、冬風邪に代表されるインフルエンザのような高熱が出ることは少ないです。

 

 

秋風邪の症状の特徴は咳
風邪と言えば発熱や咳やくしゃみといった症状が出ますが秋風邪の症状は咳が出ることが多いです。 秋風邪の原因は気候の変化や夏の疲労の蓄積、空気の汚れやウイルスと言った事が多く咳の要因が多いことで咳が出ることがあります。

 

 

秋風邪の特徴である鼻水について
夏の疲れの蓄積などから、秋風邪をひかれる方も多いと思います。秋風邪の症状として鼻水があげられますが、花粉症との違いについて簡単に説明します。 秋風邪の鼻水は、粘り気がありますが、花粉症の鼻水はさらさらとしています。また、夏の終わりごろから10月頃にかけて鼻水がでてきて、ひどい場合は熱もでます。 このように、秋風邪の鼻水は、花粉症と少し異なります。

 

 

秋風邪の症状として頭痛や腹痛
夏の暑さから徐々に朝晩の冷え込みが激しくなり、体調管理がうまくいかず体調を崩す人が多いこの時期、風邪をひく人も少なくありません。秋風邪の症状として頭痛や腹痛、熱などの症状が出る人が多いので、無理をせず気を付けて生活しましょう。

 

 

腹痛を伴う秋風邪の症状
夏の暑さも一段落して、急に冷え込む秋になってから風邪をひく、いわゆる秋風邪の症状として腹痛を伴うものがあります。 これなロタウイルスやノロウイルスに感染した場合におきます。腹痛だけではなく吐き気を伴うこともありますので注意が必要です。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ