2013、2014、2015年の秋風邪の特徴

2013、2014、2015年の秋風邪の特徴

2013、2014、2015年の秋風邪の特徴

2015年の秋風邪の特徴
秋風邪とは、夏からの気候の変化や疲労の蓄積によりひいてしまう風邪のことを言います。特別な病気というわけではありません。2015の特徴として、吐き気や高熱のほか、のどの炎症や咳などが続くと言った特徴があります。特に、鼻水や咳や頭痛が何となく続くといった症状が特徴的だと言えます。 秋風邪をひかないよう、十分な睡眠とバランスのとれた食生活をとることが大切です。

 

 

2014年の秋風邪の特徴
夏が終わり、過ごしやすい季節に入ると、体が慣れていないのか体調を崩す人が続出します。熱や鼻水、頭痛など普通の風邪と変わりませんが、秋風邪と呼ばれ、多くの人が悩まされます。中には咳が止まらない場合もあり、2014の特徴ともいえる秋風邪です。

 

 

2013年の風邪の特徴について
秋風邪に関する2013の特徴は、風邪については発熱よりも「のどの痛み」「寒気」「だるさ」の症例が多くなっています。またインフルエンザも猛威を振るっており、特に呼吸器系にダメージを与える「RSウイルス感染症」が広まっています。 風邪とインフルエンザは、「急に高熱になる」「顕著に筋肉痛になる」などの違いがあり、早めの見極めが必要となります。

 

 

最近流行の秋風邪について
秋風邪とは、秋の季節になるとひく風邪のことです。 原因は色々とありますが、花粉が原因の場合もあります。 花粉と聞くと、3月4月辺りの春頃を連想しますが、実は秋もブタクサやヨモギなどの花粉が飛散しているので、花粉のアレルギーのある人は、鼻詰まりをおこしてしまうのです。 秋風邪はその名のとおり、秋になると流行する風邪なので、できるだけこの季節になる前に対策をすることが大切です。

 

 

秋風邪にかかる原因や理由を考えてみよう
秋風邪を引きやすいという人は、今一度、原因や理由を考えてみた方がいいかもしれません。一般的には季節の変わり目が原因と言えます。急激に朝晩の気温が冷え込むようになり、それでいて日中は夏のような暑さを感じられるということがあります。この寒暖差に体がついて行けず、風邪を引いてしまうことがあります。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ