風邪に良いりんごの最も効果的な摂取の仕方

風邪に良いりんごの最も効果的な摂取の仕方

風邪にはりんごで免疫力を高めよう!

 

風邪にはりんごで免疫力を高めよう!
なぜ風邪にりんごが良いのかその理由は、この果物に含まれる100種類以上のポリフェノールにあります。風邪の時に効果的なのが、この果物に含まれるポリフェノールのエピカテキンです。エピカテキンは免疫力を高める効果があります。

 

風邪に良いリンゴの画像
風邪に良いりんごの種類とは何?
風邪に良いりんごの種類とは、水分が多く新鮮なものです。皮は良いのかわからずに捨てているという人もいますが、有効成分は皮と実の間に豊富に含まれています。ですからきれいに洗って皮ごと食べることで、この果物の栄養をまるごと摂取できます。

 

 

りんごの栄養素を上手く摂取するには?
風邪に良いりんごですが、加熱した方が良いのか、悪いのかどちらの方が良いかと言うと、加熱した方が風邪に効果があります。その理由は、この果物のビタミンCは加熱しても壊れにくく、加熱することによって粘膜を保護する成分のペクチンが9倍になるからです。

 

 

風邪をひいたら、皮ごとすりおろしりんごを食べよう!
風邪に良いすりおろしりんごは、皮ごとすりおろすのがおすすめです。その理由は、皮と実の間にペクチンが多く含まれているからです。皮は入れた方が良いのか悪いのか悩んだら、粘膜保護成分や下痢の症状に効果的なペクチンを摂取するためにも皮ごとすりおろすようにしましょう。

 

 

ノンシュガーでも甘い!りんごの葛練り
風邪に良いりんごと葛の食べ方に、葛練りがあります。レシピは、この果物1個を小さくカットして少量の水で煮た後、大さじ2のお湯に対し大さじ1〜1.5の葛粉を溶いたものを混ぜるだけです。お腹の調子が悪いときでも食べやすいです。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ