風邪の時に酒を飲んで寝ると肝臓に二重負担を掛けます

風邪の時に酒を飲んで寝ると肝臓に二重負担を掛けます

風邪の時に酒を飲んで寝ると肝臓に二重負担を掛けます

体力が弱い時に酒を飲んで寝るは止めましょう
風邪をひいた時に、酒を飲んで寝ると肝臓は体内の悪い毒素を解毒したりしています。酒を飲むとアルコールの分解だけをしてしまい、肝臓本来の働きである免疫作用が悪くなってしまいますので、体力が弱くなっている時に風邪で肝臓に負担を掛けてしまっているのに、二重に負担を掛けない様にしましょう。

 

 

お酒に酔いやすい人に風邪薬はよく効く
風邪薬を飲むと、すぐに寝てしまう人もいます。薬の成分の睡眠作用がよく効く体質なのでしょう。それに対して、風邪薬を飲んでもまったく眠くならないという人もいます。その人はお酒が大好きでなかなかお酒に酔ったりしません。お酒に弱く少量でもすぐに酔いやすい体質の人はアルコール耐性が薬の効きやすさに関係しています。

 

 

風邪と酒と風邪薬
お酒を飲んで、いつもより酔いやすいと感じたら、風邪かもしれません。風邪をひいている状態のときは、いつもより体が弱ってるのでお酒をろ過する力も弱まるからです。 酒と薬をひききらないうちに、早めに風邪薬を飲むことが大切です。

 

 

風邪に酒が効くのかについて
ちょっと風邪気味の時に、お酒を飲んでぐっすり寝ると効くと思っている人も多いでしょう。しかし、この行為は逆効果なのです。 水を沢山飲むのは大変ですが、お酒ならいくらでも飲めるというのは、お酒は胃で吸収するからです。しかもアルコールは利尿効果もあるため、摂取すると脱水状態になります。脱水症状になると血糖値が上がると免疫力が下がり、ウィルスに感染しやすくなります。なので、逆に風邪をひきやすくなります。お酒を飲みたい人は甘酒がいいと思います。

 

 

甘酒を飲んで風邪を撃退する
酒を作ったあとに残る酒粕には、糖分やたんぱく質、ビタミンなどの有効成分が入っていて昔から栄養価の高い食品と言われていました。体力低下のみられる初期の風邪に酒粕で作った温かい甘酒を飲んで休むと体がほかほかして、回復するでしょう。飲みすぎは逆効果になります。寝る前に飲むのもよくありません。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ