風邪をお酒で治すというのはOK?、それともNG?

風邪をお酒で治すというのはOK?、それともNG?

風邪をお酒で治すというのはOK?、それともNG?

風邪を引いた時、お酒で喉を潤すのは
風邪を引いた時にお酒を飲む事は、症状を悪化させる可能性が高いので控えたほうが賢明です。お酒に含まれるアルコールが脱水症状を招いたり、免疫力の低下を促したりしていまう場合があるからです。そのため風邪を引いている時に、お酒で喉を潤すのは避けるように注意する事が大切になります。

 

 

風邪の時のお酒と咳
風邪の時にお酒を飲むと咳がひどくなることがあります。それには2つ理由があります。 1つ目が風邪の時には喉に炎症をおこしやすいのでその炎症をお酒が刺激することで咳がおこります。 2つ目は風邪薬を飲んでいる際は薬の作用が増幅し、副作用が強くでる為に咳き込んでしまいます。 風邪をひいたときはお酒は控えるのが賢明です。

 

 

風邪の時にお酒を飲むと動悸がしてしまう時
風邪を引いた時にお酒を飲むと動悸がする事があります。それには考えられる原因が2つあります。 1つ目の原因は「薬」です。風邪薬を飲んでいる時にアルコールを接種すると薬の作用が強くなり副作用も強くなってしまうことがあります。 2つ目の原因は「体力の低下」です。風邪で体力が落ちているときにアルコールが体に入ることによって負担かかり動悸がしてしまうのです。

 

 

風邪をお酒で治すという考えについて
風邪を早く治すためには体を温かくして、もともと体に備わっている免疫力を向上させる事が重要です。たまに風邪をお酒で治すという意見を持っている人がいますが、これはお酒の摂取による体が温まる作用を期待しての事と考えられます。  しかしアルコールは脱水症状や免疫力の低下を招いてしまう可能性が高いので、治るどころか悪化させてしまう場合があります。そのため風邪を引いている時の飲酒は、控えるようにするのが賢明です。

 

 

風邪を引いているときの少量のお酒
風邪を引いているときに少量のお酒は体を程よく温めてくれてお勧めです。悪寒がする場合などは効果が高く、お酒を飲むことにより悪寒も緩和されます。お酒は百薬の長と言われますが少量のお酒は体の新陳代謝も高めることができます。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ