乳児ボツリヌス症は生後1歳未満の乳児に発症する病気です

乳児ボツリヌス症は生後1歳未満の乳児に発症する病気です

乳児ボツリヌス症は生後1歳未満の乳児に発症する病気です

 

マヌカハニーに含まれるボツリヌス菌とは

 

 

乳児ボツリヌス症になった1歳未満の乳児の画像画像

 

マヌカハニーとは、かつてマオリ族が使用していたはちみつのことです。

 

このはちみつには様々な病気を治す効果があります。

 

しかし副作用もあります。

 

そのひとつは、ボツリヌス菌が体に入ることです。

 

ボツリヌス菌は、体に悪影響を及ぼす菌です。

 

その菌が体に入ると、四肢が麻痺するといった

 

症状が出てくることもあります。

 

 

ごくまれにボツリヌス菌が入り込むことがあります。

 

1歳以上になれば、この菌は腸内で繁殖しないので安全です。

 

しかし、腸内細菌の少ない乳児ではこの菌が入ると、

 

乳児ボツリヌス症を発症させる場合があります。

 

 

マヌカハニーやハチミツは乳児には食べさせないように

 

指導されています。

 

 

乳児ボツリヌス症とは

 

 

乳児ボツリヌス症の原因の野菜ジュースの画像

 

乳児ボツリヌス症とは一般的なボツリヌス菌の毒素による

 

食中毒とは異なり、概ね生後1年未満の消化器官が

 

未熟な子供において食品を介して菌を摂り入れてしまった結果、

 

腸管部分で菌が繁殖して発生する症状を指します。

 

 

乳児ボツリヌス症の予防対策

 

ハチミツ・コーンシロップ・加熱殺菌していない野菜ジュース等が

 

媒介する食品となる危険があり、これらの食品については

 

1歳を迎える頃までは与えないように医学的な指導が行われています。

 

 

乳児ボツリヌス症の症状

 

乳児ボツリヌス症の便秘の症状の画像

 

乳児ボツリヌス症の症状は、

 

おもに、四肢の麻痺を引き起こします。

 

初期症状として、視力の低下、立ちくらみなどの眼の異常が

 

起こり、つまずいたり、転んだり、動作に異常が起こります。

 

重症の場合は、呼吸筋を麻痺させて死に至ることもあります。

 

その他にも便秘などの消化器症状ほか、

 

全身脱力が起きることもあります。とても恐ろしい病気です。

 

 

乳児ボツリヌス症の検査方法

 

乳児ボツリヌス症の症状の一つに便秘が挙げられます。

 

通常ボツリヌス毒素は便を検査して、

 

便から取り出すのですが便秘でこれが困難な場合は、

 

血清や摂取した食品から毒素を取り出すこともあります。

 

この毒素をマウスに投与してボツリヌス毒素の型を特定します。

 

乳児ボツリヌス症の原因

 

乳児ボツリヌス症の原因のコーンシロップの画像

 

乳児ボツリヌス症の原因は、ボツリヌス菌芽胞含む食品、

 

ハチミツやコーンシロップ、自家製野菜ジュース、黒砂糖などを

 

摂取することにより、腸管内で菌が発芽、

 

増殖して発症する感染症です。

 

ボツリヌス菌芽胞を含む可能性の高い食品を

 

摂取をしないように注意です。

 

その他では事故などで傷口から菌が入った場合もあります。

 



乳児ボツリヌス症と黒砂糖の関連性について

 

1歳未満の子供に対して黒砂糖など与えないように

 

行政側から指示が出ています。 

 

乳児ボツリヌス症を引き起こす可能性が高く詳しい内容こそ

 

記載されていないないものの現実的には

 

発症した症例があるため食事面で黒砂糖の提供を避けるように

 

なっています。

 

ボツリヌス菌を乳児に与えてはいけない理由

 

乳児にはボツリヌス菌に対しての抵抗力がないため、

 

ハチミツなどの要注意食品を与えないよう注意が必要です。

 

乳児ボツリヌス症という病気は、一才未満の赤ちゃんに特有の病気です。

 

生後3週間から6ヶ月までの乳児に発症します。

 

乳児は消化管がまだ発達しておらず短く、

 

腸内細菌も少なく体内に入ってきたボツリヌス菌に対して

 

抵抗力がないため起こります。

 

ハチミツには強力なボツリヌス菌の芽胞が含まれているので、

 

この時期の赤ちゃんには与えないことです。

 

ボツリヌス症に犯されると後遺症を残すこともあるので注意が必要です。

 

妊婦さんはマヌカハニーや蜂蜜を摂取してもいい?

 

「1歳未満には蜂蜜はあたえてはいけません」

 

という記述をよく見かけますよね。

 

なぜなのかといいますと、マヌカハニーや蜂蜜の中には

 

ボツリヌス菌の芽種がかなりの割合で入っているからなのです。

 

その菌により「乳児ボツリヌス症」にかかるのです。

 

しかし、お母さんが摂取しても母乳には影響はないので

 

もしお母さんの蜂蜜を食べてしまっていたとしても安心してください。

 

乳児ボツリヌス症は病院の何科で受診するのですか

 

乳児ボツリヌス症で泣いている乳児の画像

 

乳児ボツリヌス症の感染は、ボツリヌス菌が混入した食品を

 

食した場合に感染します。

 

ボツリヌス毒素は神経毒素で、筋肉が麻痺して、

 

左右対称に体を動かせなくなります。

 

病院の何科で受診するのか迷う方が多いですが、

 

小児科または内科で診察を受けて下さい。

 

 

乳児ボツリヌス症の治療

 

乳児ボツリヌス症は、主に1歳以下の幼児がハチミツなどに

 

混入した菌によって発症します。

 

乳児ボツリヌス症の治療は、できるだけ早く行うことが大切です。

 

呼吸筋麻痺が起こる可能性があるので、

 

呼吸管理を適切に行わなければいけません。

 

乳児ボツリヌス症の潜伏期間

 

乳児ボツリヌス症の潜伏期間は、3日から30日程度と幅があります。

 

感染した場合、乳児が便秘状態になり、

 

全身の筋力が低下する脱力状態、

 

顔面は無表情となる症状が認められています。

 

ニュース・子供が乳児ボツリヌス症で入院

 

子供が乳児ボツリヌス症で入院するニュースがありました。

 

乳児ボツリヌス症とは、ボツリヌス菌芽胞を

 

生後1年未満の乳児が摂取した結果、

 

腸管内で菌が発芽・増殖して発症する感染症です。

 

ボツリヌス食中毒を避けるために、

 

1歳未満の乳児に蜂蜜の摂取をしないようにとのことです。

 

厚生労働省の通達について

 

乳児ボツリヌス症の原因は、

 

乳児は成人より体が発達していないため、

 

ボツリヌス菌を作り出す菌が腸まで届いてしまうため、

 

因果関係がわかっているハチミツについては、

 

1歳未満の乳児には与えてはならないと

 

厚生労働省は通達しています。

 

 

ボトックス注射による副作用

 

ボツリヌス症 近年、美容整形に興味を持つ女性が増えています。

 

もちろん美容整形は悪いものではありません。

 

しかし、副作用が起こりえるものもあります。

 

シワを伸ばしたり、たるみを改善する為のボトックス注射、

 

これによりボツリヌス症という副作用が起こることがあります。

 

美容整形をお考えの皆さんは是非、

 

信頼できるお医者さんのもとで行って下さい。

 

 

ボツリヌス症と井戸水

ボツリヌス症と井戸水の画像

 

ボツリヌス症をご存知ですか。

 

ボツリヌス毒書を含んだ食品を食べておこる症状なのですが

 

乳児が蜂蜜を摂取することで起こる、

 

乳児ボツリヌス症が多くあります。

 

井戸水も同様で、四肢の麻痺を起こし、

 

死に至ることもあるので気をつけなければいけません。

ボツリヌス症による死亡は防ぐことができます

 

ボツリヌス症の致死率は、原因の菌の毒素が

 

他の菌と比べて多いのでほかの病気より高いと言われています。

 

ただし、主な症状は体の肉が麻痺し呼吸困難になる症状なので

 

呼吸を補助する機械を使用すれば死亡率が低くなります。

 

 

乳幼児ボツリヌス症と病原体

 

1歳未満の乳幼児に起こり、

 

この病原体は「嫌気性菌」とも言われています。

 

乳児の症状としては、便秘、元気がない、

 

哺乳力が弱いなどの症状が表れます。


ホーム RSS購読 サイトマップ