インフルエンザになったプロ野球選手

インフルエンザになったプロ野球選手

スポンサードリンク

インフルエンザになったプロ野球選手

 

楽天・岸孝之投手!インフルエンザで
楽天・岸孝之投手は、2017年、2014年以来となる開幕投手を務めることになっていました。しかし、インフルエンザに感染し、療養することを余儀なくされ、開幕戦に登板することができなくなってしましました。

 

 

中日の岩瀬仁紀投手 インフルエンザA型発症
中日の岩瀬仁紀投手は沖縄・北谷での春季キャンプ中の2月26日、沖縄市内の病院でインフルエンザA型と診断されました。同日の練習には参加せず恩納村の宿舎で静養しました。チームは29日に名古屋に戻っていましたが、岩瀬仁紀投手は翌日の1日に別便で名古屋に戻り、2日に練習を再開しました。昨年、左肘痛のため登板機会がなかった岩瀬投手は復活を目指していますが、調整の遅れが出ました。

 

 

ヤクルトの川端慎吾内野手もかかったインフルエンザB型について
ヤクルトの川端慎吾内野手もかかったインフルエンザB型とは、インフルエンザの種類の一つになります。インフルエンザにはA型やB型等の種類があり、B型は数年に一度くらいの割合で流行すると言われています。感染すると発熱や全身の倦怠感等が発生しますが、それ以外にも消化器系の症状が発生しやすいという特徴があります。

 

 

ロッテの岡田幸文外野手もかかったインフルエンザA型
2月末にプロ野球ロッテの岡田幸文外野手もかかったインフルエンザA型が2016年も国内で流行りました。 インフルエンザA型は人との接触で移るため、通勤時・会社内・学校など人が多かったり集団でいる場所で感染力が強い特徴があります。

 

 

開幕目前、ロッテ根元内野手インフルエンザA型感染
昨年の夏以降から2軍生活が長く続いてしまったロッテ根元俊一内野手が、 インフルエンザA型にかかってしまいました。 目前に迫った開幕までに体調を万全に整えて、今年は持ち味の巧みな バットさばきで復活して欲しいです。

 

 

オリックスのパット・ミッシュ投手もかかったインフルエンザについて
オリックスのパット・ミッシュ投手もかかったインフルエンザとは、感染症の一つとしてよく知られています。冬から春先にかけて流行するのが基本で、感染すると38度以上の発熱や全身の倦怠感等の症状が現われてきます。

 

アストロズの青木宣親外野手インフルエンザになる要因
アストロズの青木宣親外野手がインフルエンザになりましたが、その原因は体調管理です。メジャーリーグはアメリカ全土で開催されているので、日本のプロ野球と違って球場へ行くのに体力を消耗しやすく、そのためバランスが乱れやすくなります。

 

 

ストラスバーグ投手体調不良からの力投!魅せたエース渾身の右腕!
インフルエンザによる高熱や筋肉痛で苦しむナショナルズのストラスバーグ投手は、試合前日まで点滴と抗生物質の治療を受けていました。そんなコンディションで挑んだカブスとの試合で11日(日本時間12日)に先発出場し、7回0封という記録を出しました。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ