インフルエンザになった日ハムのプロ野球選手

インフルエンザになった日ハムのプロ野球選手

インフルエンザになった日ハムのプロ野球選手

太田賢吾内野手もかかったインフルエンザA型について
太田賢吾内野手もかかったインフルエンザA型とは、インフルエンザの一つの種類になります。インフルエンザにはA型やB型等の種類があり、特にA型は流行しやすい種類として知られています。感染すると38度以上の発熱や頭痛、全身の倦怠感や強い関節痛等の症状が現われるのが一般的です。

 

 

近藤健介捕手がインフルエンザA型に罹患しました
日本ハムの近藤健介捕手がインフルエンザA型に罹患しました。名護市内の病院で診察を受けてインフルエンザA型と判明しました。昨シーズンは高打率で大活躍した近藤健介捕手ですが、様子を見ながらの復帰となります。

 

 

岸里亮佑外野手 インフルエンザA型
日本ハムの岸里亮佑外野手(20)が、沖縄名護で行われていた春季キャンプ中の2月22日にインフルエンザA型と診断されました。同日に沖縄県名護市の病院で診察を受け、ホテルの自室で休養しました。日本ハムの春季キャンプ中にインフルエンザA型を発症したのは岸里亮佑外野手で3人目でした。

 

 

飯山裕志内野手がインフルエンザA型で療養中
日本ハムファイターズの主力選手の1人である飯山裕志内野手がインフルエンザA型にかかっていることがわかりました。他にも5人インフルエンザにかかってしまい、チーム内にインフルエンザが蔓延しているようで一刻も早い完治が期待されます。

 

 

プロ野球選手の市川友也捕手がインフルエンザA型
日本ハムのプロ野球選手、市川友也捕手は、2月23日キャンプ地である沖縄県名護市内の 病院でインフルエンザA型と診断されました。 日本ハムでは、同時期に計6名の選手がインフルエンザA型に罹患し、感染が広がりました。

 

 

米野智人捕手がインフルエンザA型で療養
名選手揃いの日本ハムファイターズに所属している米野智人捕手がインフルエンザA型にかかって2日ほど自宅療養中です。彼だけでなくチーム内で他に5名、計6名の選手がインフルエンザにかかっていて練習の再会は少し先になりそうです。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ