インフルエンザになったスポーツ選手

インフルエンザになったスポーツ選手

スポンサードリンク

インフルエンザになったスポーツ選手

西十両4枚目鏡桜がインフルエンザで休場しました
西十両4枚目鏡桜がこの病気のため初場所を休場しました。解熱後2日間の安静が必要となったという医師の診断書を相撲協会に提出して休場が認められました。インフルエンザの影響が大相撲の取組にも影響が出ています。

 

 

安美錦、インフルエンザで休場していましたが、再出場しました
大相撲の東前頭筆頭の安美錦は、大相撲初場所6日目の1月15日からこの病気で休場しました。3日間の休場を要する見込みと診断されましたが、2日休んだだけで、初場所8日目の1月17日から再出場しました。

 

 

大相撲の西前頭10枚目「御嶽海」にはインフルエンザは問題にならない件
大相撲の西前頭10枚目、御嶽海と言えば最近人気の力士です。そんな御嶽海ですが、なんとこの病気になっても平気との事です。普段から稽古で体を鍛えているのとちゃんこで野菜を沢山取っている為、高熱くらいで倒れる事は絶対にないとコメントしていました。

 

 

吉田沙保里さんがインフルエンザで静養中
レスリングの最強女王吉田沙保里さんが現在この病気で静養中との事です。彼女はその筋肉から不死身と思われていますが、そうではありません。普通の人と同じように風邪をひくこともあればインフルエンザになることもあるのです。

 

 

ソフトバンクの松坂大輔選手がインフルエンザB型判定
9年ぶりに日本復帰を果たしたソフトバンクの松坂大輔選手ですが、開幕戦まもなくインフルエンザB型にかかってしまい残念ながら戦線離脱になってしまいました。数日療養後復帰しましたが投球は優れなかったようでした。

 

 

中日の荒木雅博選手のインフルエンザB型について
インフルエンザB型で、戦線を離脱していた中日の荒木雅博選手が休日返上で体を動かしました。前日までは熱もあったようですが、体を動かせるまでに回復してきたようです。中日の荒木雅博選手はインフルエンザB型で療養をしていました。

 

 

西武の牧田和久投手もかかったインフルエンザについて
西武の牧田和久投手もかかったこの病気とは、ウイルスによる感染症の一種として知られています。インフルエンザウイルスというウイルスに感染する事で、高熱や頭痛、吐き気や関節痛等の症状が現われます。飛沫感染等という形で人から人へうつる事も多いので、近くに患者がいる場合は注意が必要です。

 

 

浦和のMF遠藤航選手がインフルエンザを発症した時の行動
浦和のMF遠藤航選手はアンダー23の中でも人気の若手選手ですが、遠藤選手がインフルエンザを発症した時でもランニングと筋トレをしていたという話に大変驚きました。安静にするどころかこの病気でもトレーニングを怠らないところにプロ魂を感じました。

 

 

男子ゴルフの谷原秀人選手はインフルエンザを発症してゴルフの試合を欠場した事がある
人から人へ感染する病気は多くありますが、その内の1つにインフルエンザがあります。 発症すると40度以上の高熱が数日間出るだけでなく、下痢や嘔吐がとまらず頭痛や腹痛も感じます。 インフルエンザを発症すると人への感染を防ぐために学生は学校を休み、会社勤めをしている人は会社を休む必要があります。 男子ゴルフの谷原秀人選手はインフルエンザを発症して、ゴルフの試合を欠場した事があります。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ