胃腸の痛みの10の原因

胃腸の痛みの10の原因

胃腸の痛みの10の原因

不規則な生活習慣や夜更かしが関係している場合もある

胃腸の痛みの原因は様々ありますが、不規則な生活習慣や夜更かしなどで引き起こる場合もあります。 というのも、不規則な生活習慣や夜更かしをする事で体のリズムが崩れてしまい、胃腸に大きな負担が掛かってしまうからです。 その為、不規則な生活習慣や夜更かしを続けていると胃腸の痛みの原因となります。

 




ストレスは全身に影響を及ぼす可能性があります

精神的、肉体的ストレスが胃腸の痛みの原因となることがあります。ストレスは胃腸の痛みだけでなく、様々な症状が現れることがあります。 体調に異変を感じた場合には、出来るだけ早急に専門医を受診することが大切になります。



睡眠不足との関係

詳細を表示

胃腸の痛みの原因のひとつに睡眠不足が挙げられます。 睡眠不足が続くと自律神経が乱れることにより、消化機能が低下してしまいます。 その結果、胃の不快感や食欲不振などを起こすことになります。
またストレスによる睡眠不足も上記と同じように胃荒れや胃もたれを起こします。 そして胃腸の痛みや下痢を招きます。 胃腸の痛みの原因として、睡眠不足があります。




暴飲暴食が

ホットドッグにかぶりつく少女

胃腸の痛みの原因として、暴飲暴食が挙げられます。胃液を分泌する消化機能が低下し、胃腸の痛みや不快感を起こします。刺激のある辛いもの、冷たいもの、カフェイン、アルコールの取り過ぎなどに注意することが大切です。

 




薬の常用と副作用

詳細を表示

最近、私は胃腸の痛みに悩まされたことがないがないので幸いです。でも、胃腸の痛みの原因といってもいろいろあるみたいです。いずれにしても、薬の常用する場合、副作用が出る理由こそ知っておいたほうがいいと思ったので調べたらけっこう当たり前の理由で薬をに頼らないなら頼らないほうがいいみたいです。その前に胃腸の痛みをおらないようにすればいいと思いますが。

 




喫煙習慣の関係

詳細を表示

タバコには血管を収縮させ、血行を悪くすると言われています。ですから、ヘビースモーカーで、喫煙習慣がある場合にはそれが胃腸の痛みの原因であることがあります。 禁煙がストレスになる場合には、ニコチンの少ないタバコを選ぶか、少しずつ吸う本数を減らすようにしましょう。

 




お酒の飲み過ぎには注意しましょう

グラスに入ったビール

ビールなどのお酒の飲み過ぎは、胃腸の痛みの原因となる場合があります。そうならないためには、お酒の飲み過ぎは避け、適量を飲むことが大切です。また、お酒を飲み過ぎたと感じたら、その翌日は飲酒を避け、胃腸を休めるような食事を心掛けるようにしましょう。

 




冷たい物を食べたり飲んだりする事

アイスレモンティー

胃腸の痛みの原因の一つに、冷たい物を食べたり飲んだりするという事があります。 これは、冷たい物を食べたり飲んだりする事で、胃腸を刺激してしまうために起こります。特に暑い時期に一気に冷たい物を食べたり飲んだりすると、胃腸が温度差についていけなくなり、それが刺激となり痛みという形で現れます。 このような事が、冷たい物を食べたり飲んだりした時の胃腸の痛みの原因です。

 




夏場における胃腸風邪

風邪をひいて寝込む女性

お腹が痛くなることが多いとされる夏ですが、胃腸の痛みの原因の一つに、胃腸風邪(感染性胃腸炎)があります。これは、ウイルスや細菌の感染が原因になっておこるとされています。下痢や嘔吐などの症状がでるといいます。




胃腸炎、(急性胃腸炎、慢性胃腸炎)

胃腸の痛みの原因が胃腸炎(急性胃腸炎、慢性胃腸炎)であることがあります。原因は急性胃腸炎、慢性胃腸炎であるかによって異なります。また、治療法も異なりますので、胃腸に痛みを感じたら早めに病院を受診するようにしましょう。


胃腸の痛みの改善と予防にもなるマヌカハニー

マヌカハニ―のUMFの数値はいろいろありますが、胃腸の痛みの改善と予防にはUMF16プラスの抗菌活性レベルがよく選ばれています。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ