胃腸風邪の水下痢や水便は我慢することはできません

胃腸風邪の水下痢や水便は我慢することはできません

胃腸風邪の水下痢や水便は我慢することはできません

胃腸風邪の下痢症状等について
胃腸風邪とは細菌やウイルスが胃腸に侵入して、様々な症状を引き起こすといった疾患になります。代表的な症状としては腹痛や下痢、発熱や嘔吐等が挙げられます。細菌等が付着した食品を摂取する事で感染するケースが多いですが、人から人にもうつるので注意が必要です。

 

 

胃腸風邪の原因となるのはロタウイルス
毎年、気温が下がってくる秋から冬にかけて、嘔吐、腹痛や下痢を伴う胃腸風邪が流行します。俗にいう、お腹の風邪です。原因となるのはロタウイルスやノロウイルスなどです。これらに感染しないようにするには、手洗いやうがいをこまめにする必要があります。

 

 

胃腸風邪で緑の下痢になる原因とは
胃腸風邪になると、腸の働きが弱り、大腸のビリルビンの再吸収が不十分なために、便の中にビリルビンが残った状態になります。ビリルビンは腸内のガスなど、空気に触れると酸化して緑色になるため、緑の下痢症状が起こります。

 

 

胃腸風邪への熱や下痢の対処法
胃腸風邪を引くと熱や下痢といった症状が出ます。そのため解熱剤を飲み、下痢止めの薬を服用します。また下痢で失われた水分をこまめに補給する事で、脱水症状から来る体のだるさや、関節の痛みを改善させる効果があります。

 

 

胃腸風邪の水様便〜水下痢と水便について〜
年中起こる可能性がある胃腸風邪。 通年起こりますが、特に冬になると流行しやすくなります。 症状としては胃腸風邪の水様便はとても辛く、水下痢や水便は我慢することはできない為、漏れることが心配な場合は女性用ナプキンを着けるなどします。 また、下痢をすると体から水分が失われていく為、イオン飲料を摂取しましょう。 そしてもし下痢などで衣類が汚れた場合、希釈した台所用漂白剤で除菌してください。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ