胃腸風邪の時に食べると効果的な4のフルーツ

胃腸風邪の時に食べると効果的な4のフルーツ

胃腸風邪の時に食べると効果的な4のフルーツ

効果的な4のフルーツ
みかん
レモン
りんご
いちご

 

 

胃腸風邪の食べ物でフルーツ
胃腸風邪でご飯がなかなか食べれない時期は、果物を食べてみてください。 食べ物でフルーツは、一緒に水分もとることができますし、果物には、栄養分も豊富に含まれているので一石二鳥です。 胃腸風邪の場合水分摂取が大切です。

 

 

胃腸風邪でみかんの摂取
胃腸風邪の場合みかんの摂取は、水分も一緒に取れていいような感じがありますが、みかんの薄皮が少し消化が悪いようです。 缶詰なら大丈夫ですが、生のみかんは胃腸風邪が治るまでのあいだ少し我慢したようがいいようです。

 

 

胃腸風邪にはレモンが最適
胃腸風邪にはレモンが最適であり、胃腸の状況からしても胃酸が出やすい食品のレモンの効果がかなりある事で、より良い状況として胃腸風邪の対策を講じる事が出来ます。ミカンと同様に薄皮は避けた方が良いでしょう。レモンであれば手軽に取れる食品としても考えられます。

 

 

胃腸風邪の時のりんごについて
胃腸風邪は細菌等が胃腸で繁殖する事で発症するので、この時の胃腸では強い炎症が起きています。胃腸風邪がピークの時には何も食べないようにするのが原則ですが、症状が落ち着いてきたら水分補給等もかねて何かを食べるのも大切です。おすすめの物としては、すりおろしたりんごが挙げられます。りんごには整腸作用もあるので、下痢止めとしての効果も期待出来ます。

 

 

胃腸風邪の時に食べると効果的ないちご
胃腸風邪はその名の通り、胃や腸が細菌やウイルスに感染してしまった状態です。発熱、嘔吐、下痢などが主症状です。 胃腸が弱った状態になっているため、普通の食事は控えて、消化に良いおかゆやうどんを摂取することが好まれます。 また、ビタミンを摂取することで治療と予防に効果があります。 果物のいちごはビタミンCが豊富で食べやすいです。また、水分も多く含まれ、水分補給も行えるためおすすめです。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ