胃腸風邪の回復期の食事では消化の良さを心がけましょう

胃腸風邪の回復期の食事では消化の良さを心がけましょう

胃腸風邪の回復期の食事では消化の良さを心がけましょう

 

胃腸風邪の普通食はいつから可能か?
胃腸風邪の時におすすめの食事はお粥です。回復食としては一番のおすすめです。胃腸風邪はウイルス性胃腸炎のことで吐き気や下痢を発症し食事を受けつけません。無理に食事をとらなくてもよく、脱水症状をさける為に水分を取ることです。普通食はいつから可能かについては、個人差にもよりますが、症状がでてから約2週間くらいで考えてください。

 

 

胃腸風邪の回復期の食事ではこんな工夫をしよう!
胃腸風邪の回復期の食事では、いきなり普通食に切り替えるのではなく、胃腸への負担が少ない、消化の良い食事を心がけることが大切です。食材を細かく刻んだり、しっかり火を通して柔らかく仕上げたり、といった工夫によって、食べやすい食事にすることができ、体の回復を促すことができます。

 

 

どんな食事がいいの?胃腸風邪のときのおススメレシピ
胃腸風邪のときのおススメのレシピをご紹介します。すりおろしリンゴに蜂蜜を混ぜたものは、すっきりと食べやすいでしょう。リンゴは消化も良く、蜂蜜には免疫を高める作用もあります。また梅干し入りのお粥も、胃腸風邪のときにおススメのレシピです。お粥を作り梅干しと好みで溶き卵を入れても良いでしょう。体も温まり、消化も良く、梅干しのクエン酸で免疫向上と体力回復効果を得られます。

 

 

胃腸風邪には消化の良いお粥
胃腸風邪で発熱が起こる場合があります。インフルエンザ並みの39度を超える発熱はほとんどありませんが、37〜38度台の微熱は出ることがあります。胃腸の機能が低下しているので、お粥などの消化の良い、水分のある食べ物を少しずつ取るようにしましょう。

 

 

餅は消化に良い食べ物
胃腸風邪の時の食事には消化に良い食べ物がいいです。餅はどうでしょうか?餅は「腹持ちが良い」などといいます。消化速度が遅そうで、胃腸に悪そうに思えます。ところが、消化に良い食べ物なのです。もち米の成分は、ほとんどがアミノペクチンというデンプン質です。デンプン質はとても消化が速いとされています。つまり、餅も消化が速いということです。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ