胃腸風邪の便は水様性あるいは粘液性で血便になる場合もあります

胃腸風邪の便は水様性あるいは粘液性で血便になる場合もあります

胃腸風邪の便は水様性あるいは粘液性で血便になる場合もあります

以下の症状について解説してます
痙攣
手のしびれ
足のしびれ
手の冷え
足の冷え
腹痛下痢
嘔吐
寒気

 

 

 

胃腸風邪から起こる痙攣
痙攣という症状は、発熱や自律神経失調症によって起こります。しかし、稀に胃腸風邪と言われる消化器系の病気が原因で起こることが知られています。消化器内で起きた痙攣の症状が、手足や全身に波及して、痙攣を起こすのです。

 

 

胃腸風邪の症状と手のしびれについて
胃腸風邪は、ウイルス性のものが圧倒的に多いのですが、一部細菌性があります。 胃腸風邪は、突然くる腹痛・下痢・嘔吐が代表的な症状です。血便がみられるときは、細菌感染が疑われます。 また、手のしびれなど体にしびれがでたら脱水が進んでいるサインですので、見逃さないようにしましょう。

 

 

胃腸風邪による手足のしびれ
胃腸風邪を引き手足のしびれを感じた場合は、手足が冷えていたり内臓機能が弱まっている事を示しています。そのため薬を服用後は体を温める必要があるので、ゆっくり休んで体力を回復させることを最優先に行います。

 

 

手足の冷えが出た時の対処法
胃腸風邪を引くと臓器に異変が生じているため、手足冷たいといった症状が出ます。手足冷たい状態が長引くと胃腸風邪も改善しないため、手足の冷えを取る必要があります。体を温かくし体温調整を行う事で、回復も早くなります。

 

 

胃腸風邪の寒気などについて
胃腸風邪とは細菌やウイルスが胃腸に感染する事で起こる風邪の事で正式名称は「感染性胃腸炎」といいます。症状は、寒気・腹痛・嘔吐・下痢などで、胃腸が弱ることでこれらの症状が現れます。食あたりとは異なります。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ