胃腸風邪の嘔吐などの症状はいつまで続くかはウイルスの種類によって異なります

胃腸風邪の嘔吐などの症状はいつまで続くかはウイルスの種類によって異なります

胃腸風邪の嘔吐などの症状はいつまで続くかはウイルスの種類によって異なります

気持ち悪い時は胃腸風邪を疑う
熱があって怠く、気持ち悪い時は胃腸風邪かもしれません。 胃腸風邪は細菌性のものとウイルス性のものがあります。 ウイルス性の場合、周囲の人に感染しやすいので注意が必要です。 早めに病院に行って医師の診察を受けましょう。

 

 

胃腸風邪は空腹で気持ち悪い
胃腸風邪にかかってしまうと、食欲がなくなったり、なかなか食べ物を食べれない時期も長く続いたすることがあります。 そういう時期は空腹で気持ち悪いという訴えをよく聞きます。 胃腸風邪のときは、水分を多めにとることをオススメします。

 

 

胃腸風邪に空腹感はあまり感じない
胃腸風邪と呼ばれる症状に罹患した場合は、空腹感はあまり感じないのが一般的です。また消化器官である胃腸自体に問題がある訳ですから、これを休ませ、病気と闘う体制を整える意味でもあまり食べない事が処置の基本の1つとなります。 但し、下痢を伴い易く水分補給は必須となるので、僅かずつカロリーを含む飲料・スープを取るようにします。空腹感がある場合の対処もこれに準じ、固形物は摂らないのが基本となります。

 

 

胃腸風邪による嘔吐や下痢
胃腸風邪とは、正確には「感染性胃腸炎」のことです。胃の中に入り込んだウイルスや細菌によって、様々な症状が見られます。消化が健全に行なわれないために、腹痛の後で結局、嘔吐や下痢となって現れます。この場合は、早めに排出することでウイルスなども一緒に排出され、快方が早くなります。

 

 

胃腸風邪による症状はいつまで続くか
胃腸風邪になると下痢や嘔吐などの症状が現れますが、これらの症状がいつまで続くかは原因となる細菌やウイルスの種類によって異なります。例えば、カンピロバクター腸炎の場合は5〜7日、サルモネラ腸炎の場合は4〜5日、ノロウイルス胃腸炎の場合は1〜2日症状が続きます。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ