胃腸風邪は風邪と同じように咳等の症状が出るケースもあります

胃腸風邪は風邪と同じように咳等の症状が出るケースもあります

胃腸風邪は風邪と同じように咳等の症状が出るケースもあります

以下の症状について解説してます

腹痛
下痢
嘔吐
脱水症状
喉が渇く
むくみ
目やに
食欲がない
胃痛
痩せる

 

 

胃腸風邪と咳について
胃腸風邪とはウイルス等が胃腸に侵入して繁殖してしまう疾患なので、腹痛や下痢等の症状が出るのが一般的です。ただウイルス等の種類によっては、始めのうちは普通の風邪と同じように咳等の症状が出るケースもあります。

 

 

胃腸風邪の場合は水分補給を忘れずに
胃腸風邪は、感染性の胃腸炎のことです。胃の中のウイルスなどが胃や腸の健全な機能を阻害して、食べた物が下痢あるいは嘔吐という形で排出されてしまいます。 これを繰り返すと脱水症状になり、喉が渇くことになります。この場合は、こまめに水分補給をして、胃の中に潜伏するウイルスを排出する方が回復が早まります。

 

 

胃腸風邪によるむくみの原因
胃腸風邪によるむくみは、腎臓の機能の低下が主な原因です。 腎臓には体内の水分や塩分のバランスを整える働きがあります。 その働きが弱くなると調節に限界が出来て、むくんでしまいます。 なので、腎臓のために日々食生活を整える事が一番重要です。

 

 

胃腸風邪では目にも疲れが出て目やにが多くなる事があります
胃腸風邪になると、お腹の具合だけでなく、目やにが出るなどの症状を伴う場合があります。免疫力がさがっているため、目が疲れやすくなっていて、普段よりも目の機能が余分に働いている症状でもあります。胃腸風邪から回復すると共に、やがて目やにもなくなってきますが、色が変わっている、目やにが増えて長期化する場合には、眼科を受診する様にしてください。

 

 

胃腸風邪で痩せる
胃腸風邪は、食欲がなくなったり、下痢や嘔吐が続いたり、胃痛があり固形物を食べたりするのが困難になってしまい胃腸風邪で痩せるという方も大勢いらっしゃいます。 これからの時期は感染症にもなりますので、気を付けてください。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ