胃腸風邪で体にしびれがでたら脱水が進んでいるサインです

胃腸風邪で体にしびれがでたら脱水が進んでいるサインです

スポンサードリンク

胃腸風邪で体にしびれがでたら脱水が進んでいるサインです

以下の症状について解説してます
痙攣
手のしびれ
足のしびれ
手の冷え
足の冷え
腹痛下痢
嘔吐
寒気、冷え、低体温
ふらつき
めまい

 

 

 

胃腸風邪から起こる痙攣
痙攣という症状は、発熱や自律神経失調症によって起こります。しかし、稀にこの風邪と言われる消化器系の病気が原因で起こることが知られています。消化器内で起きた痙攣の症状が、手足や全身に波及して、痙攣を起こすのです。

 

ウイルス性胃腸風邪の画像
胃腸風邪の症状と手のしびれについて
この風邪は、ウイルス性のものが圧倒的に多いのですが、一部細菌性があります。 この風邪は、突然くる腹痛・下痢・嘔吐が代表的な症状です。血便がみられるときは、細菌感染が疑われます。 また、手のしびれなど体にしびれがでたら脱水が進んでいるサインですので、見逃さないようにしましょう。

 

 

胃腸風邪による手足のしびれ
この風邪を引き手足のしびれを感じた場合は、手足が冷えていたり内臓機能が弱まっている事を示しています。そのため薬を服用後は体を温める必要があるので、ゆっくり休んで体力を回復させることを最優先に行います。

 

 

手足の冷えが出た時の対処法
胃腸風邪を引くと臓器に異変が生じているため、手足冷たいといった症状が出ます。手足冷たい状態が長引くとこの風邪も改善しないため、手足の冷えを取る必要があります。体を温かくし体温調整を行う事で、回復も早くなります。

 

 

胃腸風邪の寒気などについて
この風邪とは細菌やウイルスが胃腸に感染する事で起こる風邪の事で正式名称は「感染性胃腸炎」といいます。症状は、寒気・腹痛・嘔吐・下痢などで、胃腸が弱ることでこれらの症状が現れます。食あたりとは異なります。

 

 

胃腸風邪の冷えからくる下痢
この風邪は下痢やおう吐で体力が低下するとてもつらい病気です。この風邪の正式名称は感染性胃腸炎と呼ばれます。症状としてはおう吐、下痢、腹痛を伴います。発熱は微熱の場合がほとんどです。冷えからくる下痢と症状が似ていますが、ウィルス性なので異なります。対処法としては、体の中からウィルスを排出することが大切です。同時に脱水症状にならないように水分補給を欠かさず行いましょう。

 

 

胃腸風邪から低体温になることも!
胃腸は食べ物からエネルギーを摂取したり、体の調整をしたりする働きがあります。しかし、この風邪をひくことによってバランスが崩れ、栄養が十分に摂取できず基礎代謝を低下させ低体温が起こります。胃腸の働きが弱いと低体温になるため、体が弱っているときは更に体温が低下しやすいです。低体温になると低血圧や貧血のような状態となるため、生活習慣を整えるなどして日頃から予防しましょう。

 

胃腸風邪を発症した時に冷や汗をかく画像
胃腸風邪を発症した時に冷や汗をかく場合
この風邪を発症すると、冷や汗をかく場合があります。汗をそのまま放置していると、体が冷えて重篤な疾患を発症する怖れがあります。きちんと汗を拭いて、衛生状態を保つことが大事です。体が冷えると回復が遅くなりますので、保温性が高い衣類を身につけましょう。

 

 

胃腸風邪の後のめまいやふらつきは危険?
この風邪の後に、数日間めまいやふらつきことがあり集中できない場合は、前庭神経炎の可能性があります。自分でできる前庭神経炎のリハビリをすることができます。リハビリの仕方は、まず、腕を伸ばして親指を立てます。その後に、腕を30度左右に動かし、頭は動かさず、目だけを動かします。次に目を上下に動かします。同じやり方で目は動かさず頭だけを動かします。1日2回20回ほどやると効果があるかもしれません。

 

 

意外と多い!胃腸風邪から来るめまい
この風邪の症状として下痢や腹痛などがありますが、数時間から数日めまいのを引き起こす場合も多いです。耳の中にある体のバランスを保つ機能に支障をきたし目が回るような感覚になるため、めまいの症状が出ます。ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルスに感染したことに関係性はないと言われています。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ