胃腸風邪による胃痛などの15の症状

胃腸風邪による胃痛などの15の症状

胃腸風邪による胃痛などの15の症状

 

15の症状

胃痛
吐き気
嘔吐
下痢
腹痛
頭痛、偏頭痛
胸が痛い
口内炎
発熱
脱水症状、汗
腸の痛み

↓で解説してます

高熱
熱がない
咽頭炎
結膜炎

詳細はコチラ

 

 

胃腸に胃痛の症状が現れる風邪
風邪には様々なタイプがありますが、毎年多くの人が発症する風邪のタイプに胃腸風邪があります。 胃腸風邪とは文字通り胃腸に症状が現れるタイプで、正式な病名は感染症胃腸炎やウイルス性胃腸炎と言われ主に胃痛や吐き気、下痢、腹痛などの症状が現れます。

 

 

胃腸風邪による頭痛などの症状
胃腸風邪は、一般の風邪と症状は似ていますが、いくつかの点で異なります。 胃腸風邪とは感染性胃腸炎のことで、ウイルスなどが胃に入り込み、一定の潜伏期間を経て、身体の各部に痛みを感じるようになります。頭痛や偏頭痛を感じるのも、胃腸風邪の特徴とも言えます。 そして、胃腸での消化能力が落ちて、吐き気や下痢などの症状を引き起こします。

 

 

胃腸風邪で胸が痛い
胃腸風邪で胸が痛いのは、胃が荒れているためです。風邪の症状による胃痛と薬の刺激による傷みによって起こります。口内炎などの症状が現れたりとあまりにも荒れている場合には、医師に相談すると胃痛を和らげる薬を処方してくれます。

 

 

胃腸風邪の症状に腹痛
胃腸風邪とは、感染性胃腸炎といわれるもので、その原因はウィルスもしくは細菌です。頭痛や発熱などの風邪の症状とともに、腹痛や嘔吐、下痢などを伴います。下痢がひどくなると脱水症状を起こすことがあるので、充分な水分補給が必要です。

 

 

胃腸風邪による腸の痛み
胃腸風邪とは、正式には感染性胃腸炎と言い、胃の中にウイルスなどが入り込んで様々な症状を引き起こします。 代表的な症状は腹痛、特に腸の痛みを感じることです。ウイルスの性質によっては潜伏期間があり、すぐには発症しないこともありますが、食べた物が胃や腸で正常に消火できずに、嘔吐や下痢をもよおします。この場合は、我慢しない方が適切です。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ