胃腸風邪に人にうつるとうつらない人

胃腸風邪に人にうつるとうつらない人

スポンサードリンク

胃腸風邪に人にうつるとうつらない人

 

感染力が強い胃腸風邪、二次感染に要注意!
特に冬の時期に流行するこの病気。主な感染は、感染者の便や嘔吐物を処理する際に触れる事です。この病気はうつる感染力が非常に強いので、二次感染に注意が必要です。便や嘔吐物の処理には十分に気を付け、使用したタオルなどもその場で処分しましょう。

 

胃腸風邪にうつらない人の画像
胃腸風邪に人にうつるとうつらない人
この病気が流行しても、うつらない人が見受けられます。免疫力が高いと、この風邪を発症しない確率が高くなりますので、日頃から食事や睡眠に注意することが重要です。また、万が一、発症したら、人にうつる可能性がありますので、外出は控えましょう。

 

 

胃腸風邪は油断大敵!空気感染の可能性が!
基本的にこの病気は、感染者の嘔吐物や便などに接触することで感染するので、空気感染することはありません。ですが、その嘔吐物などの処理が十分になされず、一見きれいに処理したように見えても、処理しきれずにウィルスが残ってしまうことがあります。そうすると、乾燥し空気中へ飛んでしまい感染する可能性があります。

 

 

胃腸風邪の経口感染などのキス
この病気の感染経路として有名なのは飛沫感染ですが、盲点なのが経口感染です。特に親しい人とのキスなどは日常の動作なので何気なくしてしまいがちですよね。症状が出ている内や潜伏期間中で怪しい時期などは避けましょう。

 

 

再感染を防ぐ!油断してはいけない胃腸風邪のぶり返し
この病気は、家庭内での再感染の心配があります。一度治っても家族がまだ完治していないとぶり返す可能性があります。この病気にまたかかるかもしれないという不安をなくすためには、症状が残っている家族との接触を避けたりマスクや消毒液を用いて再感染を防ぎながら看病をしましょう。

 

 

胃腸風邪の潜伏期間ってどのくらい?
この病気の正式名称は、感染性胃腸炎といいます。感染性胃腸炎は、ウィルスや細菌により、腹痛や嘔吐、下痢などを引き起こす病気のことを言います。代表的なものとして、ノロウィルスやロタウィルスが挙げられます。ではこの病気の潜伏期間とは、どのくらいなのか。それは、ウィルスや細菌によって異なります。ノロウィルスを例に挙げると、ウィルスに感染してから、およそ1〜2日の潜伏期間を経て症状が出ると言われています。

 

 

胃腸風邪はうつる?
この病気の潜伏期間、24時間から48時間ぐらいです。感染している人は吐くことが多いので吐いたものからうつる可能性があります。もし、吐いた物を清掃した場合は、感染を防ぐために手などをアルコール消毒しておく必要があります。

 

胃腸風邪はトイレでうつる画像
今すぐ知りたい!気になる胃腸風邪はトイレでうつる
この病気とは、感染者の便や嘔吐物に触れなければ基本的に感染することはありません。しかし、感染者がトイレで嘔吐してしまった際の処理が適切でないと、空気感染によってトイレでうつる場合があります。また、潜伏期間はウイルスの種類によって異なるのもこの病気の特徴と言えます。

 

 

胃腸風邪の菌によって潜伏期間は異なります
この病気の保菌期間や菌の生存期間はどのくらいかというと、ノロウイルスだと24〜48時間、サルモネラ菌なら12〜48時間ほどになります。菌によって潜伏期間は違います。短いものだと半日、長いものだと1週間になるものもあります。

 

 

再発が怖い!胃腸風邪!
この病気は完全に殺菌しないと、汚物や嘔吐物から様々な人に感染してしまいます。またこの病気に1度かかって治ったとしても、免疫期間が3〜6ヶ月と短いので、再発する可能性も高いです。少しのウイルスでも感染力はあるので、注意が必要です。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ