胃腸風邪に良い6の野菜と悪い5の野菜

胃腸風邪に良い6の野菜と悪い5の野菜

胃腸風邪に良い6の野菜と悪い5の野菜

胃腸風邪に良い6の野菜
大根
人参
トマト
もやし
長いも
豆乳、豆腐、湯葉

 

 

胃腸風邪に悪い5の野菜
ニラ
玉ねぎ
牛蒡(ごぼう)
蓮根
納豆

 

 

胃腸風邪で弱った胃腸に優しいお野菜
胃腸風邪を患った時はとにかく胃腸を刺激しないことが大切です。 食事はおかゆやうどんなどが好まれますが、栄養を摂るために野菜を一緒に食べるとより効果的です。 しかし、野菜にも様々な種類があります。 刺激が強いニラや玉ねぎ、食物繊維の多い牛蒡や蓮根などは摂取を控えた方が良いです。 大根や人参などの根菜類をよく煮て摂取することが消化も良く、栄養を摂り入れることができるため、好ましいでしょう。

 

 

胃腸風邪に良いとされるトマト
胃腸風邪に良いとされるトマトを食べる事により、胃腸の状況を緩和していく事が出来ます。胃腸の風邪と言う事で状況からしても細菌が入り込んでいる状況でありトマトなどを摂取する事で健康な状況にする事が考えられます。

 

 

胃腸風邪に効果的なもやし
もやしは体の免疫を高めるビタミンCが含まれています。ビタミンCは風邪をひきにくくし、ストレスへの抵抗力を高める栄養素でもあります。また、もやしは胃腸の働きを改善する消化酵素アミラーゼも多く含まれているので、胃腸風邪に負けない体作りには適した食品といえます。

 

 

胃腸風邪にはとろろがよいです
胃腸風邪をひいてしまった時にはとにかく消化のよいものがおすすめです。特によい食べ物のひとつが長いものとろろです。つるっとしていて食べやすいだけでなく、長いもには消化を助ける消化酵素がふくまれているため、回復を助けてくれます。

 

 

胃腸風邪に納豆は最適?
胃腸風邪では、胃腸いよる風邪の症状、胃腸風邪の食事には納豆は固く消化がよくありません。納豆は胃腸風邪になった時は食べないほうがいいです。同じ豆でも納豆でなくて豆乳や豆腐、湯葉等は消化がいいので、問題ありません。

 

 

胃腸風邪の時の野菜の味噌汁について
胃腸風邪の時は胃腸が弱っているので、消化のいい食事をとりましょう。症状がひどい時には、野菜スープの具は除いたり、野菜の味噌汁の野菜も、消化の悪い物はさけて、スープをしっかり摂り、水分補給を心掛けましょう。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ