風邪に良い柿の3種類の成分とは?

風邪に良い柿の3種類の成分とは?

風邪を引いたら症状に合わせて栄養価が高い柿を選ぼう!

 

風邪を引いたら症状に合わせて栄養価が高い柿を選ぼう!
風邪を引いた時は、症状に合わせて食べ物を選ぶことがポイントです。熱が高いなら、柿を小さく切って食べる方法が最適です。柿にはビタミンCなど、風邪に良い栄養が含まれているからです。また、干し柿は免疫力を高める効果がありますから、風邪を引いたばかりの時期に適しています。

 

 

風邪には柿が良い?消化に悪いって本当?
秋の果物として馴染みの深い柿には、体を冷やす働きがあります。そのため、風邪をひいた時に食べると熱を下げてくれる効果が期待できます。しかしその反面、消化に悪いというデメリットもあります。したがって、食べ過ぎには十分に気を付けることが大切です。

 

風邪に効く柿の画像
柿とシトルリンと風邪
風邪に良い柿の成分にシトルリンがあります。シトルリンが良いとされるその理由とは、加熱されたときに増加するシトルリンが血液の流れをよくしてくれるため、末梢部まで血液がスムーズに流れて冷えを解消してくれるからです。風邪の対策になるとされています。

 

 

風邪に良い柿の成分のGABAとは!
風邪を引いたら、食べ物の成分に気をつける必要があります。風邪に良い柿の成分として、GABAが挙げられています。その理由とは、GABAには心身をリラックスさせる効能があるからです。特に、柿を温めると効果が高まります。小さく切ってレンジで温める方法なら食べやすくなります。

 

 

ビタミンたっぷり柿の茶葉
柿の葉茶には緑茶の約20倍、レモンの役10倍から20倍のビタミンCが含まれており、熱に強いためお茶にしてもビタミンCが壊れません。風邪の予防で、ビタミンCがたっぷり含まれている柿のお茶が飲まれています。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ