風邪邪を引いた時に関節痛の原因になるPGE2とは?

風邪を引いた時に関節痛の原因になるPGE2とは?

スポンサードリンク

風邪邪を引いた時に関節痛の原因になるPGE2とは?

風邪を引いた時に関節痛が起こる理由
風邪を引くと、関節痛が起こる場合があります。では、関節痛はなぜ発生するのでしょう。その理由は、次の通りです。体内に風邪の細菌が侵入すると、細菌から体を守るために白血球からサイトカインという物質が分泌されます。しかし、この物質が過剰に出てしまうと、臓器に危害を及ぼしてしまいます。それを防ぐために発生する物質が、PGE2という物質です。関節痛は、このPGE2が発生することによって起こります。

 

 

風邪と関節痛の原因、PGE2とは
風邪を引いた時に起こる関節痛の原因は、PGE2という物質です。PGE2には、関節痛を引き起こす作用があるのです。PGE2は、体内に入ってきた風邪ウィルスと闘う、免疫作用として分泌される物質です。風邪が治れば、この関節痛も治まります。

 

 

インフルエンザで起こる関節痛の画像
インフルエンザで起こる関節痛
インフルエンザに罹患すると、急な寒気を覚えることがあります。さらに特徴的なこととして、関節痛があります。急激にこのような症状に見舞われたら、普通の風邪ではなく、ほぼインフルエンザと見て間違いないでしょう。

 

 

風邪による関節痛の治し方とは
風邪をひくと、発痛物質が分泌され、全身を回ることによって関節痛が起こります。関節痛の治し方は、解熱鎮痛剤を用いる方法です。服用するよりも、座薬の方が体に吸収されるスピードが速く、痛みに対する効き目が早く現れます。

 

 

風邪を引いた時の関節痛を和らげる方法
風邪を引くと、熱が出る場合には悪寒が走り関節痛を発症する人もいます。関節痛を和らげる方法は、痛み止めなど市販の薬でも対処できます。病院へ行くことができない場合は痛みを緩和させる風邪薬で対処しましょう。

 

 

関節の痛みとその他の4の症状
急激な高熱
熱はない
頭痛
寒気

 

 

風邪を引いて関節の痛みがある場合は
風邪を引いて、身体のあちこちの関節痛いことは多くの方が経験しています。風邪薬には、関節の痛みを治すために痛み止めが配合されているものが多く、風邪の引き始めには早めに薬を飲むことで関節の痛みを和らげることができます。

 

 

風邪とインフルエンザと関節痛と熱
冬は空気が乾燥してウイルスが蔓延しやすい環境になります。インフルエンザなどの感染力が強いウイルスには注意が必要です。関節痛と熱の症状がある場合はインフルエンザである可能性があります。一般的には急激な高熱が出るという特徴がありますが、人によっては風邪のような症状や微熱でもインフルエンザを発症している場合もありますので気をつけなければなりません。

 

 

風邪を引いて関節痛で熱はない場合の対処法
風邪の引き始めに、関節痛を訴える方が多く存在します。暫く経って発熱した場合は熱さましを飲むことで改善できますが、関節痛で熱はない場合、暫く様子を見ることが大切です。熱なしの関節痛でも、後に熱発することがあります。

 

 

風邪を引いたら出る関節痛や頭痛の画像
風邪を引いたら出る関節痛や頭痛
風邪を引いた時に現れる症状に関節痛で頭痛があげられます。この関節痛で頭痛はインフルエンザの方が強く症状として出てくる傾向があり、苦しいです。風邪症状と似通った症状が多いため、少しでも症状が強い場合は軽視せず病院で診てもらうことが大切です。

 

 

風邪と関節痛と寒気
風邪とインフルエンザの違いを見極めるのはとても難しいものです。ゆっくりと症状が進む風邪に比べてインフルエンザの場合は急激な発熱などの症状に見舞われ、関節痛で寒気があるという特徴もあります。症状を感じたらすぐに病院を受診して周りの人にうつさないようにする注意が必要です。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ