1週間、2週間、3週間、一ヶ月以上風邪が治らないのは?

1週間、2週間、3週間、一ヶ月以上風邪が治らないのは?

1週間、2週間、3週間、一ヶ月以上風邪が治らないのは?

風邪が治らない5の理由
喘息
咳喘息
気管支炎
溶連菌感染症肺結核
インフルエンザB型

 

 

1週間以上風邪が治らない時
風邪の原因は90%はウイルスです。くしゃみ・鼻水・鼻づまりが主な症状で喉が痛かったり体がだるかったりします。ただし1週間以上咳が続いたり鼻水や喉の痛みが治まらないなど風邪が治らない時は普通の風邪とは違う病気の可能性があるので病院で受診する必要があります。

 

 

2週間以上風邪が治らないときは
2週間以上風邪が治らない時は、他の病気を疑ってみましょう。咳が止まらない場合は咳喘息や気管支炎などの循環器系の病気である可能性があります。また、風邪に似た症状を伴う細菌性の病気では、溶連菌感染症や、肺結核などの病気が挙げられます。

 

 

3週間以上風邪が治らない時の対処法について
病院を受診し風邪薬を服用しても3週間以上風邪が治らない場合は、喘息や肺疾患など他の病気の可能性があります。 しかし、いずれ治るだろうという安易な考えで放置した場合は症状が悪化する事も考えられます。 そのため、再度病院を受診する事をお勧めします。

 

 

一ヶ月以上風邪が治らない場合は危険です
風邪を引く原因の約90%はウイルス感染です。ウイルス性の風邪はだいたい10日くらいで治りますが一ヶ月以上風邪が治らない場合、ウイルス性ではなく細菌性の風邪を発症している恐れがあるために早急に病院で診察してもらう必要があります。

 

 

長期間風邪が治らない2015年
2015年の冬に向けて、長い間風邪が治らない場合はインフルエンザB型に感染している可能性があります。咳が止まらない・熱が下がらない・喉が痛い・体がだるいなどの症状は普通の風邪と見分けが付けづらいので早急に病院で受診する必要があります。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ