風邪が治らない時は別の病気が隠れている場合もあります

風邪が治らない時は別の病気が隠れている場合もあります

風邪が治らない時は別の病気が隠れている場合もあります

風邪が治らない時は病院の何科に行けばよいのか
少しくらいのこの病気の症状であれば、市販薬を飲んで消化の良いものを食べて水分補給と睡眠を取っていれば数日で回復します。しかし、ダラダラといつまでもこの病気が引きずるなら病院に行くことが大切です。いつまでも続く咳や熱だるさ、倦怠感、頭痛などは別の病気が隠れている場合もあります。 病院の何科に掛かればよいのかというと、まずは内科に行くのがよいでしょう。そこで必要に応じてレントゲンや血液検査などしてもらえます。

 

 

風邪が治らない場合、別の病気の可能性があります
鼻づまり、咳、喉の痛みなどの症状が治まらず長期間風邪が治らない場合は別の病気にかかっている恐れがあります。例えばアレルギー性鼻炎、急性肝炎、風疹、肺ガン、細菌性肺炎などの可能性が考えられるため、この病気の治りが遅いと思ったら早急に病院で受診する必要があります。

 

 

風邪が治らない場合、その原因は
1ヶ月くらいこの病気の治りが遅い場合、その原因は細菌性のこの病気に感染している可能性が考えられます。細菌性の風邪はこじらせてしまうと病院で適切な治療を受けないといつまでも治らないのが特徴で、重症化する前に早急に病院で受診する必要があります。

 

 

ストレスがあると風邪が治らない
一度風邪をひくと中々治らない時があります。そういった時は、ストレスが原因であると考えられます。自分の自己免疫よりもストレスが勝るため、治りが悪いのです。この病気の治りが遅い時は、やはりゆっくり静養するのが一番です。

 

 

なかなか子供の風邪が治らない
子供でなかなかこの病気の治りが遅いことが増えており、あまりにも症状が改善しない時には風邪以外の病気の可能性があります。この場合は内科よりも小児科といった子供の治療の専門医がいる医療機関を受診することで最適な治療が受けられます。

 

 

風邪が治らないときに試してみたい漢方
この病気の治りが遅いときには、漢方を利用することで効果が出る場合もあります。この病気に効く漢方薬として有名な葛根湯などは、ドラッグストアでも取り扱っていることが多いです。漢方薬ならどれでも良いというわけではなく、種類によって効果が異なるので、症状に合ったものを選ぶことが大切です。

 

 

風邪が治らない場合の対策
熱があったり咳が出るなどの症状があった場合は、この病気を引いている可能性が高いです。この病気の治りが遅い場合の対策として、ビタミンを多く摂ったり早めの睡眠を心掛けるなどできるだけ身体をいつも以上に労わるようにしましょう。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ