風邪がなかなか治らない理由とは?

風邪がなかなか治らない理由とは?

風邪がなかなか治らない理由とは?

いつまでも喉が痛くて風邪が治らない
風邪の季節になりました。この時期の風邪は治りにくいのが特徴です。しかし、何時までも喉が痛くて風邪が治らないというのであれば、一度検査をするべきです。風邪以外の原因として気管支を傷めていることも考えられます。

 

 

風邪が治らない時や咳が続く時の対処法
一般的に風邪は2週間程度で治りますが、1ヶ月以上風邪が治らない場合や咳が長く続く場合には他の病気の可能性もあります。 そのため、放置せず早急に専門医を受診する事をお勧めします。 また、病院から処方された風邪薬を服用しても症状が良くならない場合も注意が必要です。

 

 

鼻水が止まらない、風邪が治らない
鼻水は、風邪の時の症状の一つです。しかし、鼻水がなかなか止まらずに風邪が治らないと感じた時は、風邪以外の原因も考えるべきです。春先や秋の中頃は、花粉アレルギーの季節でもあるので、鼻水が止まらなくなります。

 

 

秋に引く風邪は咳と鼻水で風邪が治らない
秋は急に朝晩に冷え込んだりするために、1日の中でも寒暖の差が激しい季節です。そのため、体の調節機能が順応しきれないために風邪をひきやすく、またその風邪がなかなか治らないことが多くあります。 特に症状としては咳と鼻水が長期間続く場合が多くみられます。

 

 

咳と痰と鼻水は連動しているのでなかなか風邪が治らない
ヒトは鼻から喉にかけて気道が繋がっています。したがって、そのどこかで風邪を引くとなかなかその風邪が治らないのが特徴です。 つまり、咳と痰と鼻水はすべて気道でおきている風邪の炎症による症状であり、そうなってくるとなかなか治りにくい風邪になります。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ