風邪の時に飲むと良いお酒と悪いお酒とは

風邪の時に飲むと良いお酒と悪いお酒とは

風邪の時に飲むと良いお酒と悪いお酒とは

風邪とお酒
風邪のときに酒などのアルコールを摂取していけば、平均的な体温を上昇させることもでき、一瞬は気持ち的には楽になります。また目立った回復の兆しも生まれていくため、良い効果の方が多いという報告もあり得るのです。

 

 

甘酒は風邪に効果があります
甘酒には、ブドウ糖が20%以上含まれ、ビタミン類、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、必須アミノ酸などの栄養素が豊富なため飲む点滴と呼ばれています。甘酒は体を温め、風邪をひいたときに消耗される体力の回復効果があります。

 

 

風邪をひいたときの冷たいビール
風邪をひいてしまった時に摂取することを避けるべき食べ物や飲み物があります。 それは体を冷やすアイスクリームや冷たいビール、冷たいジュース、脂肪分の多い食べ物、刺激物、消化の悪いものなどは避ける必要があり、温かく消化の良い食べ物や飲み物を摂取することです。

 

 

スコットランドの民間療法ホットトディー
スコットランドでは風邪の際の民間療法としてホットトディーが飲まれます。ホットトディーはウイスキーにお湯とハチミツ、レモンなどを加えた飲み物で喉の痛みや発熱に効果があるとされています。他にもシナモンやナツメグをいれたりなど、いくつもレパートリーがあります。

 

 

風邪やお酒による関節痛の対処法
風邪をひいたときに関節痛になったときは発熱が原因となっていることがあるのでその時は解熱剤を使えば収まります。 一方お酒によるときは、アルコールの分解にビタミンB1を多く使うために神経が過敏になって痛みを感じやすくなるようです。このときはビタミンB1を多く含む豚肉やグリンピースなどをとればよいです。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ