風邪の症状で高熱は免疫機能が活性化している証拠です

風邪の症状で高熱は免疫機能が活性化している証拠です

風邪の症状で高熱は免疫機能が活性化している証拠です

風邪の症状の一つである発熱について
風邪の症状として代表的なものの一つに発熱がありますが、これは身体の免疫機能と関係があります。人間には身体を守るために免疫機能があり、体外から侵入した異物を退治してくれます。この免疫機能は体温が高いと活性化する特徴があるため、免疫機能が活躍している最中は熱が出て身体が熱い状態になります。

 

 

熱だけの風邪の症状について
風邪の症状で熱だけが出るという時もあります。このような場合に本当に風邪が原因なのかどうかを疑ってみる必要があります。もし急に高熱が出たら風邪ではなく、インフルエンザを疑ってみないといけません。熱だけの場合も医師による診断が必要です。

 

 

健康 風邪の症状、高熱について
健康管理は大事です。 風邪の症状は、鼻やのどの不快感などの呼吸器症状からはじまり、症状が進んでいくと発熱や寒気、頭痛、筋肉痛、関節痛、熱がでるなどの全身症状に至ることもあります。 高熱は38.5度以上の熱がでることであり歩行や立ち上がることが困難な状態になります。 高熱のみに気をつけるだけでなく喉、寒気にも気を配ることが大事です。

 

 

個人差がある風邪の症状について
風邪の症状には個人差があります。鼻水や喉の痛み、咳などの症状はあるけれども熱出ないで平熱の方もいます。しかし数日経過することで症状が悪化してくる場合もあるので、できるだけ無理はしないで安静にすることが重要です。

 

 

風邪の症状で熱や下痢
風邪の症状で熱や下痢は、身体の免疫機能が正常に機能している証拠です。ウイルスをやっつけたり、身体の外への排出を行っています。このため、身体の水分が奪われるので脱水症状の注意が必要で、定期適に水分の補給が大切です。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ