喉風邪の高熱はウィルスをやっつけるために出ることもあります

喉風邪の高熱はウィルスをやっつけるために出ることもあります

スポンサードリンク

喉風邪の高熱はウィルスをやっつけるために出ることもあります

 

喉風邪の症状は喉の痛み、咳
この風邪は、のどの痛みやかゆみ、乾燥などが挙げられます。 ウイルスや細菌が喉で炎症を起こすため、痛みやかゆみが起こります。 ウイルスを外に出そうとして、咳やくしゃみ、鼻水なども起こります。 それから疲労感、倦怠感、発熱、寒気、手足や関節の痛みなど風邪の諸症状が起こることもあります。

 

喉風邪の初期症状で水分補給の画像
喉風邪の初期症状があったら
季節の変わり目にこの風邪の初期症状を感じる方が多くいます。場合によっては長引くことがあり、初期の段階で何かしらの対処をしておくことが重要です。 初期症状に気がついたら、水分や栄養の補給が大切です。そして十分な休息が最も大切です。

 

 

ウィルスから体を守る働きとしての発熱
この風邪は、まずは喉が痛み始め、発熱します。ウィルスをやっつけるために高熱が出ることもあります。水分をこまめにとり、熱が高くてつらいときは解熱剤を使ってもかまいません。この風邪から、微熱が長く続くようになると、ただの風邪ではなく、他の病気も疑われます。気管支炎や喉に菌がたまってしまうこともあるため、受診が必要です。

 

 

喉風邪の症状で高熱を伴う時は危険です
この風邪の症状は一般的に多くの場合で熱が出ることは少なく喉の痛みくらいの症状で済むことが多いです。しかし小さな子供は40度近い高熱が出ることもあります。その原因は扁桃腺の腫れなのです。小さな子供の場合、高熱により脳に損傷させないように大至急病院で受診させる必要があるのです。

 

 

熱が下がらないという喉風邪の症状
この風邪の症状の一つで熱が下がらないというものがあります。この症状が出る場合は扁桃腺が炎症を起こしていることが多いので、速やかに病院へ行くことをお勧めします。受診後は医師の指示に従いつつ、氷枕などで頭を冷やしてこまめに水分補給を行うようにしましょう。

 

 

 

熱のない喉風邪の意外な原因とは
この風邪で熱がないときは、先ず鼻の状態を確認してください。その理由は鼻がつまった状態で寝ると、寝ているときに自然と口が開いてしまい口呼吸で寝てしまうことがあるからです。そうすると喉が乾燥して喉が痛くなってしまうのです。

 

 

喉から来る耳の痛み!喉と耳の意外な関係とは
この風邪で耳が痛い、耳の聞こえがいつもと異なるといった症状が出た場合、その理由は、喉の炎症と神経への刺激にあると考えられます。一見、関わりがない様に思える喉と耳ですが、喉の神経と耳の神経は関連し合い働いています。炎症により、喉の奥の神経が刺激されると、耳の神経にまで伝わってしまうため、耳にも影響が出てしまうのです。

 

喉風邪のウィルスの画像
喉風邪がむくみの原因に!
この風邪でむくみの症状が現れた時は、肺の機能低下による事が原因の場合があります。その理由は風邪のウィルスで肺の機能が低下し、栄養素などを身体に行き渡らせなくなり水分代謝機能までも低下してしまうからです。

 

 

喉の風邪を引くと肩こりになるの?
この風邪で肩こりになることがあります。その理由は、風邪を引いたときに体の中でウイルスと戦う免疫細胞から分泌されるサイトカインが血液に乗って体をめぐり、関節にたまることによって起こります。サイトカインは痛みを発する物質で、炎症を引き起こします。

 

 

喉風邪でしこりを押すと痛い場合
この風邪でのどにしこりが出てきて、押すと痛い場合があります。その理由は風邪で炎症が起き、首のリンパ節が腫れてくるからです。通常、風邪が治ってくると炎症が治まってきて、しこりも自然に小さくなりますが、慢性の炎症になって数か月続くこともあります。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ