風邪の食事の卵粥やおじやは糖質と卵のタンパク質を同時に摂取できます

風邪の食事の卵粥やおじやは糖質と卵のタンパク質を同時に摂取できます

風邪の食事の卵粥やおじやは糖質と卵のタンパク質を同時に摂取できます

風邪の食事はお腹に優しいごはん
風邪をひいた時は、体力を消耗しやすいため、だるくて食欲がなくてもしっかりと食事をとることが必要です。 風邪の食事は体を温めお腹に優しい、お粥がおすすめです。 お米を煮るだけですし、余りごはんを使ってもできます。 消化の良い卵を加えたりと、バリエーションも豊富です。

 

 

風邪の食事には玄米のおかゆ
玄米は白米よりもミネラルやビタミン類の栄養素が多く含まれており、風邪の食事に食べたい穀物です。ただ、玄米は白米より食物繊維が多く、消化に悪いのが弱点です。 そのため、柔らかいおかゆにして食べると消化も良くなり、効率よく栄養を取ることが出来ます。

 

 

風邪をひいたときに食べたいおじや
風邪をひいた時は免疫力も体力も下がっているので、やはり消化が良くて栄養価もある食事が最適です。そういった意味でも、定番であるお粥やおじやというものは、ふさわしいと言えるでしょう。風邪の食事でおじややおかゆというのは、昔から日本で行われ続けている伝統的な方法で、食欲がなくても食べやすいというメリットもあります。

 

 

風邪をひいているときの食事には卵粥
風邪をひいているときの食事は、脂っこいものは避けてなるべく消化の良いものを選びたいものです。そんなときにおすすめなのが卵粥です。ごはんの糖質と卵のタンパク質を同時に摂取できるので栄養価も高いですし、胃腸にもやさしく栄養の吸収も早いので風邪の食事にはぴったりのメニューです。

 

 

風邪の食事はおにぎりが食べやすい
風邪をひくと食欲がいつもより落ちてしまいます。そんな風邪の食事にはおにぎりが良いです。おにぎりは小さく食べやすいため体力が落ちているときでも口にしやすいのです。また、すぐにエネルギーに変わりやすいので落ちてしまった体力を回復するのにもぴったりなのです。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ