風邪の食事はあっさりとした塩分の少ない和食が良いでしょう

風邪の食事はあっさりとした塩分の少ない和食が良いでしょう

風邪の食事はあっさりとした塩分の少ない和食が良いでしょう

風邪の食事はあっさりとした和食がよい
風邪の食事は栄養価が高く消化の良いものを選びたいものです。ビタミンやミネラルやタンパク質をバランスよく取り入れた食が基本となります。消化しにくい脂っこいものは避けてあっさりとした塩分の少ない和食がよいでしょう。洋食は基本的に塩分、油が多いので、病気の時は避けましょう。

 

 

味噌汁は風邪の時にも最適
和食の定番である味噌汁。しかし普段の食だけでなく、味噌やダシ、具などを使っているので栄養価も高いために、体が弱っている風邪の食事などにも良さそうです。しかも栄養素が豊富なだけでなく、味噌汁なら体も暖まり、食欲がなくてもスープ状なので摂取しやすいという特徴もあります。

 

 

風邪の食事は身体の中から温まる湯豆腐がお勧めです
人は疲れが溜まっていたり、体調が悪い時は、身体の芯から冷えて風邪を引いてしまう事があります。 そんなこの食には湯豆腐がお勧めです。豆腐の豊富な栄養はもちろん、調理も簡単で食べやすく、身体の中からからしっかりと温まる事が出来ます。 薬味のネギもこの食には欠かせないし、湯豆腐は最高です。

 

 

風邪の食事に豆腐レシピをご紹介します
風邪を引くと体ががだるくて食欲も落ちてきます。そのようなときでも栄養はしっかり摂って体力の消耗を防ぐことが大切です。この食事には豆腐レシピをご紹介します。くずし豆腐にとろみをつけたスープは弱くなった胃腸にも優しく温かいのでお勧めです。

 

 

風邪の食事にはおでん
風邪の食事には消化の良いことも重要ですが、まず栄養を摂る事を考えなくてはいけません。具体的には野菜とそして水分を摂取できる食です。意外かもしれませんがおでんが適しています。もちろん牛スジなどの消化の悪い具材は控えて、大根などの野菜を摂りましょう。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ