風邪の頭痛は膨張した血管がその周りの神経を刺激するためです

風邪の頭痛は膨張した血管がその周りの神経を刺激するためです

風邪の頭痛は膨張した血管がその周りの神経を刺激するためです

風邪の症状による頭痛の特徴
風邪の症状である頭痛は、頭部にある血管の状態が関係しています。 風邪になるとくしゃみ、鼻水で感染源を排除すると同時に、ウイルスや細菌に抵抗する為、免疫細胞である白血球を増やそうとします。その白血球を増やして活発化させるため、血液の循環を促そうと血管は膨張します。膨張した血管がその周りの神経を刺激するため頭痛になると言われています。対処として頭痛だけ対処するのでなく、風邪の治療に専念することが大切です。

 

 

風邪の症状における頭痛と寒気について
風邪の症状として頭痛と寒気を感じることがあります。頭痛の原因は血管が膨張してしまい周りの神経を刺激してしまうためです。そして、寒気の原因は体内に侵入したウィルスを撃退するために体温を上げようとする体の働きの過程として感じます。

 

 

風邪の症状の吐き気と頭痛
多くの人が1度は感染すると言われている感染症は風邪です。 風邪の症状は吐き気と頭痛、発熱、咳、鼻水、鼻づまり、下痢、関節痛など様々で風邪の種類にもよりますが、抗生物質を数日間服用することで症状は改善されます。

 

 

吐き気や気持ち悪さを感じる胃腸風邪の症状
胃腸風邪の症状として吐き気や気分が気持ち悪いということがあります。この二つの症状がみられる場合には「胃腸風邪」の可能性があります。胃腸風邪は感染力がとても強いため二次感染の対策も考えて治療することが望ましいです。

 

 

なかなか治まらない偏頭痛は風邪の症状
代表的な風邪の症状のひとつに、偏頭痛があります。偏頭痛の原因は、風邪による発熱によって、血管が膨張するためであると言われています。ですから、偏頭痛がなかなか治まらない時には風邪を疑い、根本的な治療をしましょう。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ